鳥の巣と卵はどこにある? 日本と大阪の繁殖状況

鳥の巣と卵はどこにある? 日本と大阪の繁殖状況

販売価格: 1,200円(税込)

在庫数 17冊
数量:

商品詳細

大阪市立自然史博物館 第52回特別展
「日本の鳥の巣と卵427」解説書
『鳥の巣と卵はどこにある? 日本と大阪の繁殖状況』

はじめに…2

第I部 鳥の巣と卵の基礎知識
第1章 鳥の卵の基礎知識…4
 1-1. 鳥の卵の形…4
 1-2. 鳥の卵の色と模様…4
 1-3. 托卵と卵擬態…6
   鳥の巣・探巣記I. 霧ケ峰〜乗鞍岳 探巣旅行…8
第2章 鳥の巣の基礎知識…9
 2-1. 巣の構造と形…9
 2-2. 巣材…10
   コラム ツバメ類の巣の形の比較…11
 2-3. 巣のある場所…12
  (1)繁殖分布(地理的な分布のレベル)…12
  (2)営巣環境(植生・地形など周囲の環境のレベル)…13
  (3)巣場所(巣のある位置のレベル)…13
  (4)集団営巣か分散して単独営巣か(密度を選ぶ)…15
   コラム 古巣利用と巣の乗っ取り…15
   鳥の巣・探巣記II. 三宅島 探巣旅行…16

第II部 日本の鳥の巣と卵がある場所と、その変化(付:大阪府繁殖鳥類誌)
第3章 開けた環境で繁殖する鳥…17
 3-1. 岩場・土崖・高山で繁殖する鳥…18
 3-2. 裸地で繁殖する鳥…21
 3-3. 草地・農耕地で繁殖する鳥…24
 3-4. 水辺で繁殖する鳥…30
   鳥の巣・探巣記III. 沖縄本島 探巣旅行….37
第4章 市街地で繁殖する鳥…38
 4-1. 市街地で繁殖する鳥…38
   鳥の巣・探巣記IV. 奄美大島 探巣旅行…49
第5章 林で繁殖する鳥…50
 5-1. 平地の林で繁殖する鳥…50
 5-2. 低い山の林で繁殖する鳥…58
 5-3. 高い山(ブナ帯〜亜高山帯)の林で繁殖する鳥…72
   鳥の巣・探巣記V. 北海道 探巣旅行…77
第6章 外来鳥類…78
 6-1. 日本で繁殖する外来鳥類…78
   鳥の巣・探巣記VI. 宮古島 探巣旅行…89
第7章 島で繁殖する鳥…90
 7-1. おもに島嶼で繁殖する海鳥…90
 7-2. 対馬などで繁殖する陸鳥…93
 7-3. 伊豆諸島で繁殖する陸鳥…94
 7-4. 小笠原諸島で繁殖する陸鳥…94
 7-5. 南西諸島で繁殖する陸鳥…94
   鳥の巣・探巣記VII. 沖縄ヤンバル 探巣旅行…97
第8章 偶発的に繁殖した鳥、繁殖しているかもしれない鳥…98
 8-1. 偶発的に繁殖した鳥…98
 8-2. 日本で繁殖しているかもしれない鳥…99
 8-3. 繁殖しなくなった鳥…100
   鳥の巣・探巣記VIII. 対馬 探巣旅行…102

第III部 日本で繁殖する鳥の変化
第9章 日本で繁殖する鳥の増減…103
 9-1. 増加した鳥…103
  (1)外来鳥類の増加…103
  (2)林で繁殖する種の増加…104
  (3)大型の魚食性の種の増加…105
  (4)人工建造物で営巣する種の増加…106
  (5)近年新たに日本に繁殖・定着した種…106
 9-2. 減少した鳥…107
  (1)裸地・草地・農耕地を利用する種の減少…107
  (2)小型の魚食性の種の減少…108
  (3)飛行採食性の種の減少…108
  (4)人が提供する食物に依存する種の減少…108
  (5)日本で繁殖しなくなる恐れの高い種…109
第10章 日本の鳥の巣と卵の居場所の変化…110
 10-1. 繁殖分布の変化…110
 10-2. 営巣環境の変化…111
 10-3. 巣場所の変化…112
   コラム 巣材への人工物の利用…113

第IV部 鳥の巣とのつき合い方を考える
第11章 鳥の巣と人との関わり…114
 11-1. 日本の鳥の減少の原因…114
  (1)狩猟・採集…114
  (2)生息環境の減少…114
   コラム 代替地としての埋立地の重要性…115
  (3)生息環境の変化…115
  (4)外来生物の影響…116
 11-2. 鳥の巣と人とのあつれき…116
 11-3. 身近な鳥の巣とのつき合い方…117
第12章 鳥の繁殖をもっと知るために…119
 12-1. 鳥の繁殖を調べる活動に参加しよう…119
 12-2. 日本の鳥の巣や繁殖がわかる本…120

付表 日本で繁殖する鳥の巣一覧…121

引用文献…127

種名索引…132


執筆者:小海途銀次郎、和田 岳* (*は大阪市立自然史博物館学芸員)

編集:大阪市立自然史博物館(担当:和田 岳、釋 知恵子)
表紙・章タイトルデザイン:釋 知恵子
表紙・裏表紙・章タイトルイラスト:キタダハルコ

発行:大阪市立自然史博物館
印刷:株式会社春日
発行日:2022年4月29日
(c)大阪市立自然史博物館 2022