English: English
ホームKONC会誌「地域自然史と保全」地域自然史と保全 43巻1号
商品詳細

地域自然史と保全 43巻1号

販売価格: 2,500円(税込)
[在庫数 19冊]
数量:
も く じ   (43 巻 1 号)

表紙の言葉 モウソウチクの繁茂とその伐採

巻頭言
「たくさんいる」種が一番危ない / 平井規央

特集 2020年代のための里山シンポジウム
2020年代に里山とどう向き合うか(特集趣旨) / 佐久間大輔
「人の気配」と「山の気配」から里山を考える / 富田啓介
すれ違う里山のイメージ:政府・ボランティア・地元の社会的布置 / 藤田 渡
里山林の健全性と持続性確保のための活用とは / 黒田慶子

原著
大阪湾で3例目のアカメ Lates japonicus の記録と生態学的付記 / 中町健・木村祐貴・佐野雅基
大阪府における誘引餌に対するアライグマの行動の秋期から冬期における季節的・時間的変動 / 石塚 譲・幸田良介・松本 崇
奈良公園のニホンジカ雄個体の摂餌時間・摂餌量の季節変化 / 石村(中田)彩子・和田恵次・鳥居春己

資料
滋賀県内におけるコガタノゲンゴロウの再発見と博物館の貢献 / 金尾滋史
絶滅種スジゲンゴロウを含む1958年の大阪府堺市産コウチュウ目標本の発見 / 平井規央・池内 健

報告
老齢天然林に生残する巨樹の生態学的視点からの保全価値の再評価
―芦生研究林内保存木の維管束着生植物群集と林冠土壌―
 / 東 若菜・駒田夏生・小川裕也・龍見史恵・中西 晃・野口結子・石井弘明・神崎 護

四手井綱英記念賞 受賞理由

編集後記




地域自然史と保全  43巻 1号(通算81号)
2021年8月31日発行

ISSN 2187-2910

編集発行人:関西自然保護機構
事務局:546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 大阪自然史センター気付
編集事務局:574-0013 大阪府大東市中垣内3-1-1
大阪産業大学大学院人間環境学研究科(前迫研究室)気付

 

関連商品
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス