English: English

ホームミニガイドミニガイドNo.22「大阪のハンミョウ」
商品詳細

ミニガイドNo.22「大阪のハンミョウ」

販売価格: 500円 (税込)
[在庫なし]

はじめに

ハンミョウは山道や砂地の上で、飛びまわったり走ったりする、美しくてかっこいい小さな甲虫です。漢字では「斑猫」と書きます。もともと中国では、毒のあるツチハンミョウ科の甲虫をさす言葉でしたが、日本にこの言葉が渡来するときに、間違って伝わってしまったといわれています。中国ではもちろん斑猫とは呼ばず、黄色と黒の模様から「虎甲」と呼ばれています。英語でも「タイガー・ビートル」(tiger beetle)と呼ばれています。

ハンミョウは日本に24種が知られています。いずれも肉食で、地表でアリなどの小動物を襲って食べます。幼虫も肉食ですが、地面に小さな穴を掘って、その入口で他の小動物を待ち伏せします。種類によって、だいたいすんでいる場所が決まっています。山道や河原でよく見られますが、海岸の砂浜にすむ種類の中には、人間による自然の改変によって、絶滅にひんしている種類がいくつかあります。
この本では、本州にすむ16種とそれらの見分け方、また、大阪で分布が確認されているところについて、くわしく紹介しています。この本をきっかけに、これらの昆虫に興味をもち、また自然環境について考えていただく機会になれば、と願っています。

この本を作るにあたり、堀道雄さん、芦田久さんには原稿をお読みいただき、いろいろご指摘いただきました。室内実習「ハンミョウの見分け方」(2007年2月18日開催)の参加者のみなさんには、実際に標本を見ながら使っていただき、わかりにくい点など教えていただきました。博物館内のスタッフのみなさんには、誤植や構成のアドバイスなどをしてただきました。記して御礼申し上げます。


目次

はじめに
この本の使い方

<カラー口絵>
 ハンミョウのいるところ
 ハンミョウの見分け方
 (絵解き検索)

<種類の説明>
 1.トウキョウヒメハンミョウ
 2.エリザハンミョウ
 3.コハンミョウ
 4.ヨドシロヘリハンミョウ
 5.シロヘリハンミョウ
 6.ミヤマハンミョウ
 7.アイヌハンミョウ
 8.コニワハンミョウ
 9.ルイスハンミョウ
 10.マガタマハンミョウ
 11.ニワハンミョウ
 12.ナミハンミョウ
 13.ホソハンミョウ
 14.ハラビロハンミョウ
 15.イカリモンハンミョウ
 16.カワラハンミョウ

<データ>
 引用文献
 大阪のハンミョウ・未発表データ


□著者:初宿成彦(大阪市立自然史博物館・昆虫研究所)
□発行日:2007年3月31日
□A5版全27頁

 

 


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス