English: English

ホーム | 一般書籍(分野別) > 昆虫都会にすむセミたち-温暖化の影響?-
商品詳細

都会にすむセミたち-温暖化の影響?-

販売価格: 1,728円 (税込)
[在庫なし]
都会にすむセミたち -温暖化の影響-

沼田英治・初宿成彦 共著 (海游舎)


[以下、カバー見返し部より]

2007年の夏、靱公園(大阪市西区)では38,632匹のセミが羽化すると予測します。

都会は人間によって徹底的に手を加えられた環境ですが、毎年夏になるとたくさんセミの声が聞かれます。
どうしてこのようにたくさんのセミがすんでいるのでしょうか。大阪など西日本の都会では近年クマゼミが増加したと
いわれていますが、それは本当でしょうか。そのことと、地球規模の温暖化や都市のヒートアイランド現象との間には
関係があるのでしょうか。
私たちはこのような疑問に答えるために、市民の方々とともに、マーキング調査・抜け殻調査・網室での飼育など、
さまざまな方法で調査・研究を行っています。この本では、その研究の過程を紹介し、今年のセミの発生数や
将来の東京の様子を予言しました。
都会にすむセミの生活を知るとともに、科学的真理を探究するプロセスを楽しんでください。

目 次

1 セミはどういう生きものか
セミは何と同じ仲間か
世界のセミ、日本のセミ
大阪でヒメハルゼミが見つかった
セミはどのような一生を送るのか
セミの鳴き声はティンバル
セミは何を食べているのか
セミの被害

2 都会のセミの現在
都会とセミ
東アジア各都市の
セミの種類
東京
ソウル
札幌
仙台
大阪
その他の都市
世界で最もセミのうるさい街
大阪のセミはどれほどうるさいか
クマゼミの鳴き方のパターン
クマゼミの鳴き始める時刻
クマゼミのカレンダー

3 都会におけるクマゼミの増加
クマゼミ「急増」
頼りは記憶だけ
いつごろクマゼミが増えたのか
市民の考えるクマゼミの増えた理由
大阪市内のミンミンゼミ
都会のセミ多様性の低下

4 偶数年ごとに増減するセミ
抜け殻調査の始まり
大発生のメカニズムを求めて
土を掘って確かめる
調査方法への疑問
毎年かならず増減を繰り返す
2の倍数ゼ
5 クマゼミの幼虫期間
昆虫の一生の長さ
セミの生活史解明に挑んだ人々
ケージでの飼育開始
根もとを掘り起こす
セミがいなくなった?
クマゼミの一生は8年

6 クマゼミはどこまで飛ぶか、どのくらい生きるか
昆虫の北上を測る
クマゼミの移動能力
大阪城公園でのマーキング調査
長居公園で再度マーキング調査
セミ成虫の寿命

7 湿度によって導かれるクマゼミの孵化
クマゼミは雨の日に孵化する
孵化を導くのは高い湿度
一齢幼虫の乾燥および高温耐性
一齢幼虫の野外での生存
ベットヘッジング戦略

8 なぜクマゼミは増加したのか
  - 温暖化との関係を考える -
地球温暖化の進行
都会は熱の島
クマゼミのカレンダーへの影響
昆虫の分布への影響
クマゼミ北上する
クマゼミが増えた理由
これからやるべきこと
2030年、東京はクマゼミの街になる


関連商品
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス