English: English

ホーム | 一般書籍(分野別) > 昆虫九重昆虫記 - 昆虫の心を探る -
商品詳細

九重昆虫記 - 昆虫の心を探る -

販売価格: 3,024円 (税込)
[在庫わずか]
数量:
九重昆虫記 - 昆虫の心を探る -

 も く じ

 ■ 目次
 ■ 九重昆虫記序文
 ■ 第I部 九重昆虫記(連載)(第1章-第61章)
   I-1 はじめに
   I-2 オオルリハムシ
   I-3 ハラアカコブカマキリ
   I-4 温暖化の影響
   I-5 ヒメシジミ
   I-6 ヒメシロチョウとオオルリシジミ
   I-7 九重町宝泉寺昆虫館の展示
   I-8 兄弟仲の良い虫と悪い虫
   I-9 ツリフネソウトラガ
   I-10 ベニモントラガ幼虫の群れにリーダーが存在?
   I-11 子育てする虫エサキモンキツノカメムシ
   I-12 ベニツチカメムシ
   I-13 オオトビサシガメとヨコヅナサシガメ
   I-14 ガの求愛行動
   I-15 チョウの求愛行動
   I-16 ツマグロヒョウモン
   I-17 交尾飛翔
   I-18 美しい世界の起源
   I-19 チョウは浮気をするか?
   I-20 トンボの交尾
   I-21 なぜ交尾の研究を始めたか?
   I-22 アマチュア研究者の功績
   I-23 交尾中は雄を背負っている雌
   I-24 ゆずれない雌上位
   I-25 チョウとガの違い
   I-26 対面交尾
   I-27 ホソバ類の交尾
   I-28 高原に多いセセリチョウ
   I-29 チョウとガの形態学的区別
   I-30 九州産ガの国外分布
   I-31 ガと植生
   I-32 照葉樹林系のガ
   I-33 三千年前の植生図
   I-34 冷温帯落葉樹林系のガ
   I-35 ヒメスズメ
   I-36 一次草原のガ
   I-37 二次林のガ
   I-38 九重町宝泉寺昆虫館の閉館
   I-39 小ガ類・大ガ類
   I-40 昼行性と夜行性
   I-41 さまざまな情報収集手段
   I-42 においによる情報伝達
   I-43 昆虫にも心がある!
   I-44 ガのビーク・マーク
   I-45 ガの後翅が狙われる
   I-46 チョウのビーク・マーク
   I-47 鳥はスズメバチより賢いか?
   I-48 敵を回避する最上の策
   I-49 両生類の捕食
   I-50 コウモリの捕食
   I-51 目玉模様
   I-52 目玉模様とマント群落
   I-53 本物の目はどこにある?
   I-54 尺取り虫
   I-55 成虫の目玉模様
   I-56 後翅全体が目玉模様
   I-57 モズの速贄
   I-58 バラバラ事件の犯人は誰?
   I-59 知能と本能
   I-60 寝込みを襲われたチョウ
   I-61 バラバラ事件のその後
 
 ■ 第II部 偶産蛾物語(連載)(第1章-第63章)
   II-1 熱帯への憧れ
   II-2 偶産蛾とは何か?
   II-3 オオツバメエダシャク
   II-4 偶産蛾と地球温暖化
   II-5 A群の偶産蛾
   II-6 熱帯化する日本
   II-7 偶産蛾を運んでくる気象要因
   II-8 旧メイガ科の偶産蛾
   II-9 キオビセセリモドキとヨツボセセリモドキ
   II-10 キオビエダシャク
   II-11 イチジクヒトリモドキ
   II-12 ヒトリモドキとベニゴマダラヒトリ
   II-13 モンシロモドキとマエアカヒトリ
   II-14 昼行性のヒトリガ類
   II-15 オオルリオビクチバの記録
   II-16 オオルリオビクチバの幼虫
   II-17 オオムラサキクチバとヨコヅナトモエ
   II-18 サンカククチバと丸毛信勝博士
   II-19 ミミモンクチバ、チズモンクチバ
   II-20 アシブトクチバ類
   II-21 シロガ、クサオビリンガ、ワタリンガ
   II-22 ナカジロフサヤガ、クロミミモンクチバ
   II-23 記録の少ないA群の偶産蛾
   II-24 ホソガ類
   II-25 フサヤガ、キノカワガ、アツバなど
   II-26 ツマキオオクチバ、オキナワマエモンヒメクチバ
   II-27 キマエコノハ
   II-28 ヒメアケビコノハ
   II-29 二次発生した偶産蛾
   II-30 ヒロオビクロモンシタバとウスオビクチバ
   II-31 サザナミキンウワバ、クジュウキヨトウなど
   II-32 ホリシャキシタケンモン
   II-33 ハマオモトヨトウとアカマダラヨトウ
   II-34 シンジュキノカワガの魅力
   II-35 シンジュキノカワガの記録
   II-36 シンジュキノカワガの流跡線解析
   II-37 シンジュキノカワガの幼虫
   II-38 シンジュキノカワガの擬死
   II-39 シンジュキノカワガの蛹
   II-40 ナンキンキノカワガ
   II-41 ニセタマナヤガの侵入
   II-42 ニセタマナヤガの周年経過
   II-43 渡来種ヒロヘリアオイラガ
   II-44 ヒロヘリアオイラガの幼虫
   II-45 ヒロヘリアオイラガの周年変化
   II-46 キマダラカメムシの分布拡大
   II-47 アオマツムシの侵入
   II-48 米軍と一緒にやって来たアメリカシロヒトリ
   II-49 アメリカジガバチとアメリカミズアブ
   II-50 ゴルフブームに便乗したシバツトガ
   II-51 キョウチクトウスズメ
   II-52 アカオビスズメとイブキスズメ
   II-53 サツマスズメ
   II-54 メンガタスズメ(面型雀蛾)
   II-55 クロメンガタスズメが増えている?
   II-56 オオスカシバ
   II-57 ホシホウジャク
   II-58 クロホウジャク
   II-59 ヒメクロホウジャク
   II-60 ホシヒメホウジャク
   II-61 フリッツエホウジャク
   II-62 結語(偶産蛾と地球温暖化)
   II-63 偶産蛾物語に引用した文献 

 ■ 第I部、第II部 共通動物和名索引

 □ 発行 株式会社 かんぽう
   2006年 9月30日 発行
 □ 著者 宮田 彬
 □ A4版 146頁

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス